keroyonの『日々精進』日記

わたくし、keroyonの日々精進日記です。

法句経(ダンマパダ)一日一話#1<怒り>

おはようございます。

だんだんネタ切れてきたケロヨンです…(*_*)。
四書五経からは離れるから、温故知新プロかわかんないですけど、
人生の岐路!?に出会った一冊を。

 

 A.スマナサーラ著 『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』から。

 

この本(シリーズも含む)は、全てが宝のことばばかりです。
…ムフフ。ネタギレノキリフダ!…

 

今日はまず、


 

「1.怒ると一番最初に自分が汚染される」です。

 

 

「じつにこの世においては、
怨みにたいして怨みを返すならば、
ついに怨みの鎮まることがない。
怨みを捨ててこそ鎮まる。
これは普遍的な真理である。」

 

この解説のなかで、

「(略)…怒るのは、汚物を投げつけるようなものです。投げつけるためには、まず自分がその汚物を取らなくてはなりません。自分で自分の手を汚すのです。汚物を投げつけても相手がひょいとよけたとしたら、汚れるのは自分だけです。…(略)…衣服に一つの小さな汚れが付いたとします。その汚れを取るために、あちこち拭いて、汚れを広げる必要はありません。それは放っておけばいいのです。…(略)」

 

そっかぁ。と思いました。当時。

 

この本に出合って、既に15年ほど経ちましたが、おかげさまで、あまり大きく怒らなくなりました。

…ブツブツ、ツブヤクコトハ、アリマスガ…(*_*;。

 

 

今では、感情の起伏がなくなってきて!?認知症じゃないかと思う今日この頃。

結構、幸せです。

 

そんな感じのケロヨンでした。

昨日は維摩経最終回放送でしたね。やっぱり寝落ちちゃったので、ビデオを楽しみにしています♪

 

ではまた明日~。ごきげんよう🍀🍀🍀

 

 

 ※出展:アルボムッレ・スマナサーラ著 『原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話』 株式会社 佼成出版社

原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話

原訳「法句経(ダンマパダ)」一日一話