keroyonの『日々精進』日記

わたくし、keroyonの日々精進日記です。

東電原発事故の裁判におもうこと<安全とコストとリスク>

おはようございます。ケロヨンです。

昨日のニュースで、「東電原発事故の初公判」の件がながれてましたね。

しろーとのケロヨンですが、いろいろ考えちゃいました。

 

もちろん、事故の為に、不利益を被った人が、
加害者に対して、保障を求めることは
当然の権利です。

 

発生してしまったことに関しては、
粛々と裁判をし、
保障を勝ち取ってほしいと思います。

 

ここで考えたのは、

 

 

原発に限らず、「安全」って「コスト」がかかる。

ここまで、「安全」を保障するなら、「コスト」がいくらかかる…とか、

「コスト」がこれだけかかるなら、ここまでの「安全」の保障にしておこうとか。

 

で、大体、ものって作ってると予算通りにおさまらないから、

計画段階で「ここまで安全です。(でもこれ以上はリスクです…ココハ、イワナイコトガ、オオイヨネ…)」って説明して、建設計画にGOがでたとして、

作ってる最中に「あ~お金がかかりすぎたから、この設備をやめるか(安全率下げるか)」なんてこと、あるのかな。


…ナンダカ、アリソウ。今日のカレーは鶏肉にしとくか…とかの応用系!?。

 

だからこそ、しっかり考え、見ていく必要があるんだろうな。と。

そして、「GOに賛成ときめたら、リスクを受け入れる覚悟が必要」かと。

 

 安全であるために、リスクを限りなく0にするために、
★できるだけの最大限の努力★をしなければいけない。
でも、コスト無限にかけられないし、できないこともある。

 

やっぱり、「100%安全」って、あり得ないから。

 

最大限の努力をしている事実があって、
納得できるリスクだったら、受け入れなきゃいけないんだろうな。と思ったわけです。

 

 

しかし、

<世界中の地震の発生の場所>

http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/jishin/about_eq.html#4_b

 

イギリスやスウェーデンとか、フランスでも中央部は地震がほとんどないのね。
こんな地震国の日本で…ね。

 

民主主義で多数決の世界では、思うようにはいかないことも多いけど、
万が一の覚悟は必要かもね。

…計算したら、万が一は、0.01%…よく言ったものだ…

 

あ~寂しくなってきた。おあとがよろしくないですね…( ゚Д゚)。
今日も気を取り直して、がんばりますよ。

ではまた明日~。ごきげんよう🍀🍀🍀