keroyonの『日々精進』日記

わたくし、keroyonの日々精進日記です。

易経#6<あけない夜はない!のだ>

こんにちは。keroyonです。今日は昼下がりの午後、こんないい時間に、まったりブログってます。
しあわせです~🍀。

 

で、「易経 繋辞上伝」から、今日のひとこと。いや、ふたこと か。

 

まず、

「聖人は卦を設け象を観(み)、辞を繋(か)けて吉凶を明らかにす。剛柔相い推して変化を生ず。」

 

「古の聖人は(略)宇宙の変化、人生の転変を打つすべく、卦爻を設け、卦爻の示す象徴を観察し、さらに(略)卦爻にことばを附して、未来の吉凶を明らかにした。かくして作られた卦爻の剛柔は互いに推移して、変化を生ずる。すなわち剛極まれば、変じて柔爻とあり、柔極まれば、変じて剛爻になる。(略)」

 

もう一つ、

「是の故に吉凶とは、失得の象なり。悔吝(かいりん)とは、憂虞(ゆうぐ)の象なり。変化とは、進退の象なり。剛柔とは、昼夜の象なり。六爻の動きは、三極の道なり。」

 

「(略)吉凶というのは、事のよしあしの象徴である。悔吝というのは、凶とまではゆかぬが、憂いおそれの生じるであろうケースを象徴する。悔は後悔、はじめ悪くてあとはよくなる。吝は羞恥すべきこと、はじめよくてあと悪くなる。吉凶悔吝の四つは四季のごとく循環してやまない。(略)」

 

 

なんか、ついていない時ってありません?

くうきが悪いっていうか、何やっても裏目に出るとか、なにかとうまくいかないことがいろいろと続くと…、

 

『もー、私なんて、なにやってもダメだ。
生きてない方が世の中の為になるんじゃない?
生きてる価値ないんじゃない…(>_<)』

 

て、なることもありました。

 

ここから復帰するのって、結構しんどい。…トキニハ、ビョウインニ、イッタリ…

だから、ここまで行きつく前に、もう少し考え方を変えた方がいいと、経験上、考えるようになってきました。

 

だって、『剛柔相い推して変化を生ず・吉凶悔吝は四季の如く循環』するんだから。

 

しんどい時には、

「今が最悪なんだから、これ以上しんどくなることはない。
明けない夜はない。今を何とかしのげばなんとかなる」

と。

 

なんとか生きてます。
いやー、ずいぶん☆あっけらかんっ☆と、明るく、図太く?生きれるようになったかも。

 

日々、精進です。
ではまた明日~。今日もぼちぼちがんばりましょう!ね!🍀🍀🍀

 

 

 ※出展: 本田濟 著 「易」 朝日選書

 

易―中国古典選〈10〉 (朝日選書)

易―中国古典選〈10〉 (朝日選書)