keroyonの『日々精進』日記

わたくし、keroyonの日々精進日記です。

孟子#16<やきにく、たべたーい!>

おはようございます。keroyonです。
今日は、午後から用事があって、仕事を休んだので、まったりした!?午前です。

 

今日は久しぶりに孟子
告子篇 第六上 144からです。

 

(なんだかね。言ってる内容よりも、「やきにく!」にひきつけられ、keroyonの目が200%ひらいたのでした。ココ↓)

 

…曰く、『秦の人の炙(やきにく)を嗜(うま)しとするは、わが炙を嗜しとするに異なることなし…』 

 

金谷先生の解説を、keroyonが独断と偏見で、要約しました。

---

告子が、「『仁』は、自分の弟と他人の弟とで、内心の愛情に区別することを許すが、疎遠な年長者も親しい年長者も同じく敬うべきという『義』は、年齢の事実を元にするわけだから、外的である」

孟子は「うまい焼肉は、疎遠な秦の人がつくろうと、自分が作ろうと、そのうまさに変わりはない。」焼肉が外物だが、うまいと思う心は性である。
年長であることは、外的な事実かもしれないが、それを認めて尊敬するのは、もとより内心にかかわることで、これが義の本質だというのが、孟子の考えであった。

---

今も昔も、日本でも中国でも、楚でも秦でも、焼肉は美味しかったんですね~(*´▽`*)

 

なんだか、孟子さまが身近に感じられて、うれしかったです。
今週末、きっと、焼肉行きます♪♪ たのしみだなぁ。

 

薄い内容(^^♪に、お付き合いいただき、ありがとうございました。
今日も、ステキな一日になりますように🍀🍀🍀!

 

 

 ※出展: 金谷 治,吉川 幸次郎 著 「孟子 (下) 」 朝日文庫

 

孟子 下    朝日文庫 ち 3-9 中国古典選 9

孟子 下  朝日文庫 ち 3-9 中国古典選 9