keroyonの『精進なんてやーめた』日記

精進しようが変わらない、人生落ちたり沈んだり。たまには精進してみるか。

私は「むしろ牛後でいく」鶏口と為る勿れ!?。<老子#2>

こんにちは。keroyonです。
どうも調子でないなぁとおもったら、最近精進してないからだと気づきました!?

BEのぶさんが「老子」が大好きなうえに、中国留学経験ありな上、博学なため、しろーとkeroyonが何を書いても突っ込まれそうで躊躇していたのですが、とにかく今日はさっき見たところをかく。

 

第67章

 (略 )
わたしは大人物のようだが愚かに見えるという。そもそも愚かであるからこそ、大きくありうるのだ。もし賢ければ、とっくにこざかしいものになっていたであろうよ。

わたしには三つの宝があり、(略)

第一は慈悲、第二は倹約、第三は世の中の人々の先頭には立たない、ということである。

慈悲深いから勇敢でありうるし、倹約であるから広くなりうるし、世の中の人々の先頭には立たないから万人の長になりうるのだ。

もし今、慈悲を捨てて勇敢になろうとし、倹約を捨てて広くしようとし、人の後ろになることをすてて先頭に立とうとすれば、死んでしまうであろう。

いったい慈悲によって戦えば勝ち、慈悲によって守れば堅固である。天が人を救おうとすれば、慈悲深い人を守るのだ。

 

 なんだか少し宗教臭いけど、「慈悲・倹約・先頭に立たない」って、私?

 

図に乗ってます。

 

慈悲はないと思うけど、倹約で先頭に立たないはあるなー。と思い、
老子さまの目指すところに近いのかも。と若干うれしくなったのでした。

 

それだけ。
内容薄くてすみません…。

 

 

引用:蜂屋邦夫 訳 「老子」 岩波書店

 

老子 (岩波文庫)

老子 (岩波文庫)