keroyonの『精進なんてやーめた』日記

精進はとうの昔に諦めた、忘れん坊の備忘録。あることないこと?晒してます。

距離感難しい。

こんにちは。keroyonです。

まさに、人と人との距離感って千差万別なんですね。
むつかしさを実感。

 先日ね、 

こんなことがあったのです。

 

zaihamizunogotoshi.hatenablog.com

このエントリに従い、

「その徳ありと雖も、苟もその位なければ、亦た敢えて礼楽を作らず。(中庸)」だったかな。出過ぎた真似はよくないと思いました。

 

韓ドラ☆ 武神|BSジャパン でも、主役の奴婢キム・ジュンが、戦での功績を認められて、王様の側近になった時に

身分の低い自分からは発言しない。

上の人から助言を求められたら、控えめに言う。

こんな風にしていたので、やっぱりこれが正解かなぁと思っていたのです。

 

ところがね。

オケのトップの人が疲れちゃった話の続きなのですが、こちらは、突っ込んでフォローしてあげなればいけない事例だったのです。

その話はこれ。

「辞めたい病」がまた流行りだした。 - keroyonの『精進なんてやーめた』日記

※やっぱり私はテキストリンクが好き♪

 

トップを引き受けてくれたので、「弓の動きとかもその人が『自分が弾きたいように』やらせてあげたいなー」と思い、私は黙って従っていました。

 

そしたら、ここにきてね。
他パートとのずれを指摘される事態に…(>_<)。

 

それだったら、もっと早く、私が気になったところくらいうまく提案して、一緒に検討すればよかった…。
私はサブトップという責任を放棄していたのかもしれません。

 

ここにきて「ボーイング(弓の動き)も他パートと調整できず、私はトップ失格です」って。

 

あーん。だったらもっと踏み込んだのに…。
Everything is after the festival …。

 

ま、keroyon的には上手に踏み込むことも苦手なので、どちらにしてもうまくはいかなかったと思うのですが…。

 

相手をみて距離を測れってことですね。
言ってくれてもわかんない私なんだからさー。言わなきゃ全くわからない。

 

あーあ。