keroyonの『精進なんてやーめた』日記

精進はとうの昔に諦めた、忘れん坊の備忘録。あることないこと?晒してます。

「人生、間違っちゃいけないよ。」人生の間違いって?

こんにちは、keroyonです。

 

keroyonは、生々しいものは…苦手です…。

 

かねかねかねとか、
男女のお付き合いの話とか。

 

男女のお付き合いの話が好きではない件については、いろんな原因があるかと思いますが、昭和生まれのおばはんkeroyonは、子どもの頃から

 

「お付き合いは、間違っちゃいけないよ」
「結婚したら、いいんだからね」

 

と周りから何度も言われてたのです。

 

でもね、

今までずーと「黒」で生きてきて、
はいっ、結婚しましたね。じゃ今日から「白」です。

って言われてもね。


「男女のお付き合い」=「間違い」
みたいな、条件やら周りの装飾やらを取り除いた簡便な公式が、脳みその奥深くにできあがっちゃったんじゃないかなぁと、実は思っています。

 

だから、
子どもたちが年頃になって、どう声をかけていいか悩んでます。

 

確かに、 
高校時代に妊娠しちゃって、高校中退して外国に留学した(逃げた?)知り合いとか、
学校卒業してすぐ、子どもを生み!、結婚し子育て生活に突入した近所の子とか、

 

そんなつもりじゃなかったかもしれない。
そんなつもりじゃないけどそういう人生になっちゃった時点で「間違い」かもしれない。

 

でもね、
留学した子は、ピアノの先生になり、ちゃんと家庭をもって生活してるみたいだし、
近所の子もその方と結婚して、子育てしているようだし。

人生の結果?としては「間違い」ではないと思う。

 

女の立場からしたら、

妊娠したと知ると相手が逃げちゃうかもしれないし、
そもそも思い描く人生とは違う方向を強いられてるのかな、

受け入れがたい状況ではある。

 

ただ、恋愛やら結婚やらって、勢いやタイミングなど全てが揃わないとできないし、恋愛中なんて、周りが何言っても耳に入らないしね。
その上、子どもができるかどうかなんて、(結婚できる確率)×(子供ができる確率)だからどんどん小さな値になっていく。

 

結局、

■女は男を見極める
■男はしたことの責任をとる
■人として、後悔のない人生を歩む

私が子どもに言えることはこの3つだな。

 

ここで、思考を整理してます。
しかし3日くらいぼーっと考えてたのに、文字に起こしたら10分だね。
あーすっきり。


しかし、「人生の間違い」という点でいうと、
私の方が間違った方向にずんずん進んでるんじゃないの?

 

過日の選択が、悔やまれる!?そんな気分になってます。どういうこっちゃ。

 

keroyon