keroyonの『精進なんてやーめた』日記

精進はとうの昔に諦めた、忘れん坊の備忘録。あることないこと?晒してます。

なんでこんな長いidにしちゃったんだろ。

おはようございます。
リツイートした私のツイに、なんとあの山田ズーニー先生がいいね!してくれて…
超!舞い上がってるkeroyonです。

 

いつもお世話になってる、かえるさんから

長いIDw、たしかにブクマ上だと重要ですね~☆

ブコメいただいたので「長いidについて」のエントリを公開することにしました。
いつもありがとうございます♪♪♪

 

はてなのidって、地味によく入力しますね。
なんで「こんな長いidにしちゃったんだろ」って、一年経ってじわじわきてます。

自分はいいよ。自分で決めたんだから…。我慢して入力します。

 

でもね、IDコールしていただくときは…。

絶対躊躇するよな…。私ならするもんなー。「ま、やめとこか」って。

ブクマ上だと、idだけでたくさん文字数入力させて、文字数も限られている中、コメント内容に俳句的要素を高度に要求されちゃう。ほんと申し訳ないっ。

それらをふまえ、それでもなお、敢えてコールして下さる…(涙)。
ありがたみ、ましましです♡

 

これは、いつもの「思い立ったが吉日」系の瞬発力で、適当に浮かんだ言葉を登録しちゃったからなんですね…(>_<)。

 

このidの由来は、私の人生の転機?の一つ、韓ドラの商道(サンド)の中の主人公…

林尚沃(イム・サンオク)が座右の銘とした言葉が「財上平如水人中直似衡(財物の平等は水の如く、人の正しさは秤=はかり=に似る)。

老舗の家訓に、韓国の財閥は学べ | 嶋村初吉のブログ(18/07/18引用)より

 

この「財物の平等は水のごとく」のところを適当に端折って、idに決めちゃったのでした。

 

やっぱり、idっていまさら変更できないよね…。

 

念のため調べてみました。

Q. はてなIDの変更はできますか?

A. いったん登録されたはてなIDは変更することはできません。退会してから再登録をお願いします。なお退会されますと二度と同じはてなIDはご利用いただけませんので、十分お気をつけください。ご不明な点がございます場合には、退会をされる前にはてなまでお問い合わせください。

 お問い合わせ - はてな(18/07/19)より

 

やっぱりだめかぁ。
変えるときはブログ辞める時だね? 

…それもそんなに遠くないかもしれないけどさ。

 

 

話変わって、「商道」いいドラマでした。

 

ざっくり言えばモノポリーのドラマ版?。一人の青年が成り上がる!?物語です。

通訳官になりたかったけど、いろいろあって身分制度のせいで夢を追われたサンオクが、商人になって財を成すまでの話だけど、ライバルにのしたりのされたり(だいたい身ぎれいに商売してると、騙されたり出し抜かれたり。またそこから商売の仕方を学んでいく…)、そういうドラマでした。

イムサンオクは、実在の人物であり(ドラマには脚色がついてると思いますが)、仏道にも明るくて清廉潔白なところがあり、人間として本当に尊敬してます。


また商売上、あえてリスクを取り勝負をかけるところ(朝鮮人参の中国人による談合に対抗するところ!)など、

ハイリスクを取るからこそ、ハイリターンが期待できるのだ

と、よわよわでちっちゃなリスクしかとれないkeroyonは、衝撃的に考えさせられました…。

 

---ネタばれ?ゾーン---

リスク取るにしても、きちんと情報収集し勝算がある事を確信したうえで、「気がふれたか」と思わせるような大勝負に出るんですよね…。
それも、誰にも言わないで。
前に味方が買収されてて、ライバルに情報を流されたことがあったから、「敵をだますにはまず味方から」を実践したんだろな。

忘れられないシーンです。

おまけに引退の仕方もかっこいい。(←これは本だったかな)

---おわり---

 

本は絶版になっちゃったし(中古で入手可能かなぁ)、ドラマもイマイチ「チャングム」や「イ・サン」他の方が受けが良いようで、あんまり再放送もないんですよね…。

私?毎日正座して見てました。マイノリティ自認だから仕方ないねー(^_^*)。

 

一応、放映終了してるけど検索TOPに来たBS朝日のリンクを貼っておきます。
あらすじが追えます。

BS朝日 - 商道(サンド)


今から見るならDVDboxがあります。レンタル落ちなんてのもあるんですねー。 

商道 サンド 全25巻セット [レンタル落ち] [DVD]

商道 サンド 全25巻セット [レンタル落ち] [DVD]

 

 

上で引用したサイトの中に、林尚沃のいい説明がありましたので、謹んで引用させていただきます。

実在の人物、林尚沃(イムサンオク、1779~1855)。第22代王・正祖、23代の純祖の時代、商いの道で紆余曲折を経ながら成功して豪商となり、役人にも抜擢されるという物語である。そのなかに、し烈な商いの競争が描かれる。その中で、林尚沃は、「とかく商人は金ではなく人をもって財となせ」「人が残ること、それが利益なのだ」という教訓を得る。

朝鮮の豪商が残しだ社訓゙とは | 嶋村初吉のブログ(18/07/18引用)

 

ドラマの中でも、損はしても、人には優しいんですよね。
あ、怠けてる人には厳しいです。ライバルに情報を流した人は半殺しになってた。

でも、「周囲への見せしめ」レベルでやめ(命をとることはしない)、その人は「当然失職する」と思っていたのに、出先での事件だったため、職場の人たちには「旅の疲労」と嘘をつき、何日か休ませて落ち着いたところで迎えに行く。

迎えに来られたほうもびっくりです。合わせる顔がない感じ。

でも、そんなことされたら、もう二度と裏切れないですよね…。
そういう心意気、あこがれるなー。

 

 

おしまい。

南北朝鮮が統一されたら、38度線近く(北側)のイムサンオクのお墓詣りに行きたいと、まじめに考えているkeroyonです。

 

となると、次は「なんでkeroyon」なんだー?ってなります?
なりませんかね。

 

今日はやんないよー(^^)。

 

毎日暑いですが、くれぐれもご自愛ください🍀🍀🍀。

keroyon