ただのメモ。

人生こじれたナレの果て。

お金を集めるのではなく、お金は集まってくる。「堀江貴文 時間革命」その2→3

 

 

下書き供養、ということで、下書きを漁ったら、こんなメモが出てきました。
味わい深いです。ホリエモンの書籍「時間革命」からのメモですね。

 

***

いきます。 

お金というのは単なるツールにすぎない。それなのに、お金そのものに価値があるかのように思い込んでいるから、貴重な時間をお金に換えてしまう。977/1600

どきっ。あんぽんたんが生活するには「時間をお金に換えるしかない」と思ってました。でも、生活に足りない分は仕方ないよねぇ。 

 

お金は価値交換のための単なるツールだ。なぜこんなツールが必要かといえば、取引には「信用」が必要だからである。
好感の相手が信用に樽人物かを、いちいちコミュニケーションをとって確かめていては効率がよくない。その仲立ちをしてくれるのがお金だ。992/1600
締め切りや待ち合わせの時間に遅れないという信用、誠実にふるまい、他人の時間を無駄にしないという信用、周囲を待たせることなく即断即決し、すばやく結果を出してくれるという信用…。
貯めるべきはお金ではない。

貯めるべきは「信用」。焦って得られるものじゃないですね。

 

貴方がきちんと信用を積み重ねていけば、わざわざ時間を切り売りしなくても、お金は勝手に集まってくる。1000/1600

そう信じたいです。

 

別に、「何があっても、絶対にウソをつくな」といっているわけではない。「ウソも方便」という場面はあるかもしれない。
しかし、少なくとも「自分に対するウソ」だけはつかないほうがいい。
ストレスをため込みながら、本心に逆らって生きることに慣れてはいけない。自分の本音がどこにあるかすらわからなくなる前に、やりたいことをやって、言いたいことを言おう。1245/1600

ここは難しいなぁ。自分に自信が持てなくなることが多数。
言いたいことは、かなり言ってる気がしないでもない。

 

ぼくは「長期的な目標」なんてもったことがない。1388/1600

それは私もない(笑)。今のみを生きてる。

 

次々と果物に手を伸ばす「ノリのいい人」のもとには、さらにどんどん「新鮮な果実」が集まってくる。それがおいしいかどうかはわからない。1517/1600

あまり手を伸ばしてないから。そこは改善したい。

 

ただそうやって「熱中できるもの」だけで人生を埋め尽くした人だけが、自分の時間と人生に革命を起こすことができるのである。1522/1600

要検討。人生の革命ってかっこいいなぁ。

 

時間革命 1秒もムダに生きるな

時間革命 1秒もムダに生きるな

  • 作者:堀江貴文
  • 発売日: 2019/09/20
  • メディア: 単行本
 

 

みなもすなる「お題」といふものを、わたしもしてみんとてするなり。

 

 keroyon

今週のお題「下書き供養」

 

 

***
って、ブログかいたのにさ、すでにUP済みだったっていうオチ_| ̄|○


zaihamizunogotoshi.hatenablog.com

 

あまりに悔しいから、タイトルだけ変えて再掲(-_-;)。お粗末。