ただのメモ。

人生こじれたナレの果て。

結局。

この戦いは、自分自身への挑戦だったんだよねえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裁判所での忘れられない出来事。

「この話をすすめると、生活くるしなるで」
「それでも前に進みたい」

私はそういった。

その時のまま、か、後戻りする道は、あの時既になかった。
すでに苦しかったから、いろいろどうでもよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一応がんばって、扶養からは脱出した。

 

 

 

 

 

 

 

 

でももうだめかもしれん。後戻りもできん。行くあてもないしな。 困ったな。

keroyon