keroyonの『日々精進』日記

わたくし、keroyonの日々精進日記です。

論語#19<難しい。話すタイミング…>

おはようございます。keroyonです。
とうとう論語約400ページ、読み終わりました。感慨深いです。
今は、論語の余韻を、(復習しながら)味わってます。

 

今日は、「巻第八 衛霊公第十五の8」から。

 

「子の曰わく、与(とも)に言うべくしてこれを言わざれば、人を失う。与に言うべからざるしてこれを言えば、言を失う。知者は人を失わず、亦(ま)た 言を失わず。」

 

「先生がいわれた、

『話しあうべきなのに話しあわないと、あいての人をとりにがす。
話しあうべきでないのに話しあうと、ことばをむだにする。
智の人は人をとりにがすこともなければ、またことばをむだにすることもない。』」

 

話すタイミングの判断って、難しくないです?
keroyonは、空気が読めないことが多いので、本当にいつも悩みます。
さすがに、不惑の40を超え(こわいものも少なくなり!?)、結構話せるようになったのですが、今度は「ことばをむだにしないよう」に心掛けないと…ね。

 

これって、
…カッテナ、オクソクデスガ…

 

相手のタイミングを推し計るってことかな?と思いました。
早い時期に相談しても、相手の時間を無駄にしてしまうし、
遅すぎたら事件になる!?
適切なタイミングで、相談できたら、お互いにハッピーなんだろうなーと思いつつ、結局、悩んじゃうんだよね…

 

ま、

  • あやまてば、すなわち改むるにはばかることなかれ。
  • 君子豹変す。

で、アチャーとおもっても、次に向かってがんばりますっ。

 

ではまた明日~。よい一日を~🍀

 

 

 ※出展:岩波書店 「論語」 訳注者:金谷治

 

論語 (ワイド版岩波文庫)

論語 (ワイド版岩波文庫)