ただのメモ。

人生こじれたナレの果て。

つれづれメモ。

今日は忘れたくないメモが3つもある。稀に見るすごいこと。明日は嵐かカミナリか。

 

 ***

一つめ。

クスノキの番人」を読み終わりました。東野圭吾です。

私がいつも劣等感を感じてる「言葉」の意味を考えさせられました。そして、「言葉」だけじゃない「何か」。

言葉がおぼつかない私でもこの「何か」があることで、あらためて何とかなる!?

いやーなんとかなるなら、既に何とかなってるでしょ。いやいや、なんとかなってるからココかも(^^)

 

本当に信じていいのかな。
千舟さんが言いかけてやめた答え、私知りたかったな。

 

全然関係ないですけど、千舟さんのセリフが、「ハウルの動く城」のサリマン役加藤治子さんの声で聞こえてくるのは私だけでしょうか…。ジブリの見過ぎですか? 

 

 ***

つぎ。

このyoutubeの10分すぎたあたり。


www.youtube.com

お金を出すとそれが必ず誰かの給料になる。

赤ちゃんは支えてる感じはないが、
赤ちゃんがいるおかげでベビーカーを作る会社が潤う
何もしていないように見えても、生きているだけで消費者として社会を支えている。
ニートで部屋にこもってる、主婦は家族のために働くが生産していない、だから価値がないという暴論があるが、
どんな人も生きていることで消費者として社会を支えている一面がある。

僕らは消費者として人の役に立っている。

私は、「生きてるだけで消費する」「役に立ってないのに、いっちょ前に腹がすく」なんて無意味な存在と思っていたけれど、それが立派な社会活動なんだと思いなおした動画です。

これを昨日見てから、少し心が落ち着きました。

 

この動画と出会えてよかったです。

 

***

 

はてなさんからメールが来てました。

f:id:zaihamizunogotoshi:20210527203807p:plain

「ただのメモ」とか笑っちゃうね。こんなグダグダブログが4年も続いちゃって申し訳なさMaxですけど、空気読めないので相変わらずこのままどんどん、ぼーっと年月だけ重ねそうです。

 

お付き合いくださる方に、深謝🍀。感謝の言葉がありません。みなさまが恵まれますように念を贈ります。

 

***

 

3つ書いたけどおまけ。

今日気づいちゃった。そもそも計画が破綻してたわ。
不要範囲内パートをいくつ重ねても、法的に国保から抜け出す手はなかった。あほさ加減にはつくづく涙。