keroyonの『日々精進』日記

わたくし、keroyonの日々精進日記です。

大学#4<こころの目⁉︎>

こんばんは。keroyonです。スマホからUPの2回目です。
ま、また明日の朝、再編集するつもりで、期待しないで書いてます。

 

今日はおもいだしたように、大学です。 「大学 第三章」から。

 
「謂わゆる身を脩むるはその心を正すに在りとは…(略)…
心 焉(ここ)に在らざれば、視れども見えず、聴けども聞こえず、食らえどもその味を知らず、此れを、身を脩むるはその心を正すに在り、と謂う。」
 
 

私、「心ここにあらず」っていう状況に、よくなります。

 
■忙しくて、テンパった時
■嫌なことを言われたとき、されたとき
■なにをやってもうまくいかないとき
などなど…。
 
こんな、「心がない」とき、
 
「視れども見えず、聴けども聞こえず、食らえどもその味を知らず」
 
…ナンデ、ワカッタノー…
そう、まさにそうなのよー。私。
 
だから、身を脩むる必要があるんだなと。
だから、温故知新プロジェクトしてるんだな!と、
 
再認識した、一文でした。
 
身を脩むることができてるかは、別として、なるべく心を失わないようにしたいなーと思う、keroyonでした。
 
久しぶりに、スマホから書いてみたら、とても辞書が賢くて、意外といいかも!(#^.^#)
 
ではまた明日。ごきげんよう〜🍀 
 
※出展:「大学・中庸」 金谷 治 訳 岩波書店
 
…変なフレームも削除できない?明日直します。見づらくてすみません。(17/8/3)
…表示の確認・修正しました。(17/8/4)
 

 

大学・中庸 (ワイド版岩波文庫)

大学・中庸 (ワイド版岩波文庫)