keroyonの『日々精進』日記

わたくし、keroyonの日々精進日記です。

今一番の楽しみは…

おはようございます。keroyonです。
なんだか、温故知新プロジェクトが停滞しているので、心機一転、新しいカテゴリをつくっちゃおう!と。

 

「楽」カテゴリです。

 

音と戯れるのが、今一番の楽しみだなーと♪

 

音楽ならボーダレスのkeroyonです(聞いて気持ち良ければジャンルはなんでもOK!)が、とりあえず、keroyonは素人ビオラ弾きで、自分はクラシックをしています。


で、「弦楽のための交響曲_(メンデルスゾーン) 第7番」を練習しています。

 

www.youtube.com

メンデルスゾーンって、響きがとってもきれいで、大好きです。

いろいろ調べていたら、wiki

ニ短調 - Wikipedia

にこんな記述が。(17/09/14引用)

特徴

バロック時代鍵盤楽器ハ長調を基準に中全音律等の古典調律に調律された。ニ短調の場合、近親調全ての調の音階の響きが良いので、ト短調同様、穏やかで真面目な雰囲気を感じさせる。

(略)

シャルパンティエはこの調について「厳粛さや敬虔さを表す」と述べている。マッテゾンは「信仰深く穏やかであるとともに、高貴で心地よく満ち足りた性格を表す」と述べている。

歌劇宗教曲では、人間の激昂する場面や恐怖、修羅場を表す「怒りの調」として多く用いられ、人間を表す象徴となる。

へぇ~。明るい調とか暗い調とかがあるなーとは思っていましたが、「怒りの調」もあるのね~。

知らなかったです。いろいろありそうな、楽しみな予感♪

 

ということで、今日はこの辺りで。
ではまた明日~。今日も良い一日でありますように🍀🍀🍀!