ただのメモ。

人生こじれたナレの果て。

縁。

ふと思ったこと。

 

 

 

 

知り合いの奥さんが亡くなったそうだ。

 

***

正式には「元奥さん」だ。
一人目の子どもの年齢が近く、性別も同じだったから小さい頃はよく一緒に遊んでた。

 

 

しばらくして知り合いとは離婚。
詳しい理由は知らないが、定職につかず、起業してもうまく行かず、のらりくらりと生活する知り合いに、周囲から圧力があったか、嫌気が差したか。

 

お子さんは女の子だったが、男親の知り合いが子供を引き取り、お子さんは既に独立している。

 

***

 

 

元奥さんはガンだった。
発見が遅れ、余命もわずかとなった時「ひと目子どもにあいたい」と連絡があったそうだ。

 

知り合いは子どもに聞いた。「お母さんに会いたい?」
子どもは言った。「今さら、顔も記憶にない母には会いたくない」

 

それで会わないことになったそうだ。
その後もしばらく連絡を取り合ってたらしいけれど、時期、返信がこなくなった。

 

 

***

 

私だったら。

 

やっぱり合わせるべきだったと思う。
「顔も知らない母にいまさらあってどうするの?」この言葉の裏には、「いてほしかったのにいてくれなかった母への恨み」がある。→「いてほしかった母」なんだよ。

この母がいなかったら産まれなかったあなた。
本当に「会うのが嫌だ」と思っていたとしても、無理にでもひと目会っておくべきなんじゃないだろうか。

 

ヒトとして会っとくべきではなかったんだろうか。

 

加えて、そんな環境にしたのは、知り合い本人だ。
離婚したことを相手のせいにしていたのかもしれない。
自分の体たらくを棚に上げていて、触れたくなかったのかもしれない。

 

そんなことを考えていたら、哀しくなった。彼女の無念が伝わるようだ。

 

***

 

ヒトとしてどんな選択をするか、は、そのヒトの価値観次第。
元奥さんが悔やむべきは、そんな知り合いと縁をつないだことだ。きっと今まで子どもを手放したことを後悔していたんだと思う。

娘さんもずっと離婚した母を恨んでたと思う。

そして、知り合いや娘さんは、今回の選択すらも、これからずっと後悔しつづけるのでは?


だから今あるご縁を大切に生きていきたい。

 

keroyon

f:id:zaihamizunogotoshi:20210322084359p:plain