keroyonの『精進なんてやーめた』日記

精進はとうの昔に諦めた、忘れん坊の備忘録。あることないこと?晒してます。

詩、自発的には初体験。<工藤直子>

おはようございます。keroyonです。

たった9日ですけど、週末UPできたので連続記録更新中です。
でもちょっとkeroyon的にはペース早い感じ。アップアップしてます。

1.2日/記事くらいのインターバルがいいみたい。たまにはブログをお休みした方がペースをキープできるかなという気がしています。

といっても、休む勇気もないんです。
すみません。脳みそがポンコツなので。

 

昨日はね、いろいろあって仕事を休んだので、読み聞かせの本を選びに図書館へ行きました。

読み聞かせでは、慌てたくないので予定時間より短めの本を選ぶのですが、そうするとどうしても時間が余っちゃうことが多いんですよね。

大先輩が「そういうときのために、私は一冊詩集を持つようにしています」と言っていたのを思い出し、詩集コーナーへ行ってみました。

 

クラシックも四書五経もそうなんですけど、基礎知識全くない。詩も然り。
一期一会。←不勉強な自分を正当化してます。

 

宮沢賢治谷川俊太郎金子みすゞを少し教科書とかでかじったことがあるくらい。
ぱらぱら作者別の入門書をめくってみる。

 

私が読めそうなのは、金子みすゞ工藤直子だった。
今日は工藤直子のものを。

 

決定的な決め手はこれ。

かたつむりのゆめ

         かたつむりでんきち

あのね ぼく

ゆめのなかでは、ね

ひかりのように はやく

はしるんだよ

なんだか、かわいい!こういう夢、みるみる!(≧▽≦)
ほかにはね、

夕焼け

あしたは かならず
晴れるに ちがいないなあ

 

あしたも わたしは
たしかに 生きるだろうなあ

 

あしたこそ
なにかを みるかなあ

 

きっと そうであり
そうに ちがいない
そうと 思いたい 

 

……
そんなふうに 眺められる
夕焼けが あった

このテンポ感。私にピッタリ。
詩は言葉を必要最低限まで絞るためか、ダイレクトに心に響きますね。
とりあえず、入門書にて。

 

ちらちらちらと工藤直子でググったら、はてなブログの えこ (id:bambi_eco1020)さんの記事を見つけました。勝手に呼んでます。すみません。

bambi-eco1020.hatenablog.com

それでもって、わっと (id:watto)さんのが。

 

世間はせまいですねー。いや、わっとさんの守備範囲が広いとも。
なにがともあれ、なにをしても中途半端なkeroyonですが、今日もよろしくお願いします🍀。

 

引用:萩原昌好 編「日本語を味わう名詩入門18『工藤直子』」あすなろ書房

(18)工藤直子 (日本語を味わう名詩入門)

(18)工藤直子 (日本語を味わう名詩入門)

 

 ※灰谷健次郎の「太陽のおなら」は読んだことあったなぁ。そういえば。
…初じゃない(>_<)。